ブランドバック

ブランドバックは女の子の憧れ、いつかは持ちたい憧れのブランドが必ずありますね。近所のおしゃれなお姉さんが持っているいかにも高級品! というようなブランドバックを大人になれば自分も持ちたいと、大人になった自分を想像したものです。ブランドのバックやブランドの時計・洋服、どれも「大人」を感じさせるアイテムです。
ブランドバックは多くの人々に愛され続けてきました。上流階級の方が品よくコーディネイトしているブランドバックは、1970年代から現代までずっと、たくさんの人々を魅了してきました。一流と呼ばれるデザイナーによって作られるブランドバックは、既に芸術品とも言える美しさです。
ブランドバックは、機能性豊かで、長持ちをするものだと知っていますか? 

ブランドバックは、ただデザインが美しく、皮など使用しているものが高級、というような外見だけに優れているのではありません。作られているブランドバックの内容が、機能的にも素晴らしいのです。


あなたのオススメのブランドバックはどんなものですか?最近では明るいビビットカラーのものや、形がとてもかわいいものなどたくさんのブランドバックがありますね。

ブランドバックだけでなく、ブランド物というのは、洋服でも帽子でも、店舗に入れば、目移りしてしまいます。


最初に手にしたブランドバックを今でも大切に保管してあります。学生を終了し、就職する際に父からプレゼントされたものです。

少し大きめのかなり容量が入るバックでした。
大人の仲間入りをしたようで、嬉しくてとても大切に使ってきました。

いつか自分でも購入するぞ!と、ずっと思っていましたね。
posted by ノモコ at 10:07 | 日記

coachのバック

coachのバック、歴史は1941年にさかのぼります。
マイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻の家族経営の皮革小物工房から始まりました。
coachのバックのスタートは家族経営だったのですね。
coachのバックの使いやすさは、こうした家族経営から始まったことが一因かもしれません。
coachのバックは何から生まれたのか? 
それはなんと、「野球のグローブ」。

使い込んだ野球のグローブはしっくりと手になじみ、皮はつやをおび、皮ならではの美しさ、丈夫さを持っていました。
そこでこの皮そのものを生かしたcoachのバックが考案されたのです。
記憶に新しい六本木ヒルズ、ここにもcoachのお店がありますね。
日本には各所にcoachの店舗があります。


日本人に愛されているcoachのバック、バックだけでなく、時計なども有名です。coachはたくさんの機能を考案したブランドでもあります。

現在のバックに使用されているクリップ式金具やドッグリーシュなど、非常に美しく機能的です。

ブランドのバックといえば、coach・シャネル・プラダ・ルイヴィトンなど、たくさんあります。

日本人はこのようなブランドバックが大好きですが、特に若い人にcoachのバックは人気があります。
カラーが明るく美しいcoachは若い人に人気があるのもわかります。
見ていて楽しくなるようなデザインがたくさんあります。

coachのバックは他のブランド品と比べると、デザインがとても豊富です。布や皮を上手に絡めたデザインはとても美しく、coachならではのクリップ式金具がぴったりとマッチしていています。


50%OFF コーチ ハンプトン シグネチャー ランチ トートバッグ F12645SKHMA 『COACH ハンドバ...


特にバックにベルトのようなデザインを施してあるシグネチャーなど、とても素敵なデザインだと思います。
---------------------------------------------------------
posted by ノモコ at 08:45 | coach
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。